FC2ブログ

出会い系サイト マジ評価 / 処女や援助交際 もっと楽しむ出会い系!

出会い系サイトで楽しく遊んでいる管理人の体験日記と攻略法のブログです。援助交際、非援助、食事などなど。本当に会える出会い系サイトの紹介もしています。

ホーム > アーカイブ - 2016年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日常生活の安定度と出会い系サイトでの援助交際の微妙な関係

出会い系サイトのアダルト掲示板のチェック頻度は週一になってしまっている。土曜日休みにちょっと見るくらい。
んー? 最近書き込みしている女の子で知らない名前がずいぶんと増えてきた。

出会い系サイトで援助交際の相手を探すという行為は、もう半年以上はやっていないような気がする。半年ってことは今年になってからはやってないのか?
記憶をたどってみると、1度だけやっていた。

相手は40過ぎの熟女(汗)
出会い系サイトで数回メールのやりとりをした後にLINEのIDを教えてもらってしばらくやりとりをしたんだけど、結局会うことはなかった。相手の女性がとっても豚さんだったこともあるし、まぁ、それでも会っても良かったんだけど、得たいの知れない豚さんと会うよりも、6年続いている彼女とのデートを優先してしまったということになる。


今、日々の生活はとても安定している。
毎日忙しく仕事をし、土日の休日出勤もかなりやっている。1日がほぼ仕事オンリーで終わる日々が続いている。帰宅は夜9時過ぎ。食事して風呂に入ると10時をまわる。youtubeで適当な動画見て、出会い系サイトの掲示板でも覗いてみるか…と思う頃には12時を過ぎてしまう。もう寝る時間だよな。


6年越しの彼女と嫁さん。そしてたまに会ってる人妻。
仕事時間のちょっとした合間にデートしてる状態がずっと続いている。回数はさすがに減ったんだけど、仕事が少し落ち着いたら、また彼女と会う回数が増えるだろう。

充実した毎日は出会い系サイトから足を遠ざける。
オレのような底辺を歩いているような男でも嫁がいて彼女がいる。それで十分満足しちゃうのは歳のせいだろうな。
毎日のようにブログを更新することもなく、ひたすら働いて、疲れた身体を彼女に癒してもらう。
それで満足、お腹いっぱいになる。

出会い系サイトには確かに魅惑的な誘惑がわんさとある。が、それ以上に満足した日々を送っているから触手が動かないんだろう。
毎日のように更新していた時に、たとえ援助交際だとしても限りなく素人な女の子を探せと書いた。
定期で会っているうちに、いつか彼女は出会い系サイトでの援助交際から遠ざかっていく。その時まであなたとつながっている(会えている)ことができたなら、きっとセフレに化けているはずだ。そんな時、彼女にまたがってきた男たちの中で、勝ち組になったと言えるだろう。

多少ブスでもデブでもいい。最終的に貴方を選んでくれる女性を探すことを出会い系サイトを利用する最大の目的と考えてほしい。嫁の他に、彼女と人妻。オレに嫉妬する男性は、きっとオレの容姿に驚くはずだ。

だけど、オレは女性に対して容姿は気にしないと言っている。これは本音。
そして、女子で男性の容姿を気にしない人は意外に多い。もちろん経済力一番の女性が多いのだろうが、会っている時の誠実さや約束は絶対に破らないという心構えに、「この男性と一緒なら、なんだか安心」と思わせる。
だから出会い系サイトの援助交際をやめた後も連絡が続く子が多い。
モテる、モテないは絶対に容姿じゃない。オレの持論だ。


少し話がそれてしまったが、とにかく専業で援助交際で生計を立ててるような女性とは会うだけ無駄。普通に会社勤めやパート勤務で働いている人を必死に探すことが、出会い系サイトの最大の必勝法だと思っている。

また持論になってしまうが、出会い系サイトでいい女とエッチできたからと満足している男性は絶対に先が無い。そんなにいい女だったら本気で追いかけるくらいの情熱が必要だ。
だからオレは平均以下の素人女性を選んでるわけだ。そこそこの情熱をもって、何人かの女性と接していくなかで、援助交際してお金をもらうだけの乾いた感情の女の子は自然と淘汰している。
そして残ってくれている女性は、オレに恋愛感情に近いものを持ってしまったはずなんだ。

ここまで頑張るのが出会い系サイトの勝ち組だろう。
いい女をとことん追いかけるか、自分に合うちょいブスの子に好かれて楽しい人生を過ごすか…

オレは後者を選んで充実した毎日を送っているという日記だ。
[ 2016/06/23 00:26 ] 援助交際 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。